キャビスパRFコアをおしりの脂肪除去に試してみた結果

四角いお尻

 

キャビスパは、二の腕や太もも、お腹周りのお肉を溶かすために使う人が多いのですが、たるんだお尻にも効果的に使えます。

 

その理由は、キャビスパにはキャビテーションに加え、筋肉を刺激するEMSと脂肪を溶かし出すラジオ波の機能があるからです。

 

あなたは後ろ姿に自信がありますか?

後ろ姿に自信がある女性

 

キャビスパは自宅で手軽にキャビテーションができる高機能なエステ機器です。

 

これを最大限活用するなら、当然お尻にも使いたいですよね。

 

キャビスパ本体

 

私は、キャビスパのキャビテーションとラジオ波を毎日お尻の付け根の当たりから腰にかけて当てています。

 

と言っても、ほぼ全身に使ってますが(笑)

 

お尻って気を抜いていると力が抜けちゃう部分ですので、年齢とともにたるんできますよね。

 

私も、30代になってからどんどんお尻が重力に逆らえなくなり、後ろ姿がみすぼらしい感じになってしまいました。

 

以前のお尻

 

四角いお尻ってホント見るに耐えないですよね。

 

それに、自分じゃ気づきにくいからケアもサボりがちになってしまいませんか?

 

男性も、女性の後姿でまず見るのが全身→お尻だそうです。

 

もちろん、全身のスタイルが大事ですが、キュッと上がったお尻はやっぱり魅力的な女性には不可欠です。

 

私の理想はこんな感じのお尻。

 

理想のおしり

 

まあ、年齢的にももうここまで引き締まった綺麗なお尻にはなれなくても、出来る限り近づきたいと思っています。

 

その、パートナーとしてキャビスパを選んだのですが、意外と効果を発揮してくれています。\(^o^)/

 

まだ、お尻にキャビスパを当てはじめて1ヶ月ちょっとですが、段々とお尻の四角が丸くなってきています。

 

一ヶ月キャビスパを使った

 

セルライトも少しずつ除去されているのもわかりますよね?

 

嬉しいのが、ウエストも絞れてきたことです。\(^o^)/

 

この調子で、もっと引き締まったお尻をキャビスパと目指していきたいと思います!

 

キャビスパの徹底レビューはこちら!

 

キャビスパ