RFボーテ・キャビスパの一番効果が出る使い方を解説しよう!

キャビスパを使っても効果がないじゃないか!!

 

と怒ってませんか?

 

もしかしたら、それは正しい使い方が出来ていないからかもしれません。

 

なぜなら、私はキャビスパを使いダイエットに成功しているからです。

 

ダイエット成功

 

私の場合は、産後太りを解消したくてキャビスパを購入したんですが、それから3年経ちますが未だにお世話になっています。

 

なぜ、そんなに使い続けているかというと、効果があるからですよね。

 

でも、中にはキャビスパを使っても全然効果を実感できなかったという人もいると思いますので、ここで正しい使い方を解説しようと思います。

キャビスパはお風呂では使わないほうがいい?

お風呂でも使える家庭用キャビテーションとして人気のキャビスパですが、実はお風呂では使わない方が効果があります。

 

なぜなら、水やお湯の中でキャビスパを使うと、その機能を最大限活かせないからです。

 

確かに、このように水につけてもキャビスパはへっちゃらですが、威力は半減するのです。

 

 

これは、冷静になって考えてみるとよくわかります。

 

まず、筋肉を刺激するEMS機能があるのですが、これは電気信号を体内に直接送り、強制的に筋肉を収縮させる機能です。

 

しかし、水の中でこの機能を使っても、水の中で電気信号が分散されてしまうんです。

 

また、同様にキャビテーションの超音波振動も水中では分散してしまうので、せっかくの高機能がすべて分散されてしまうんですね。

 

だから、キャビスパの効果を最大限発揮しようと思ったら、お風呂ではなく、お風呂上がりが最適です。

 

お風呂で温まった体にキャビテーションを当てると、ラジオ波の影響も得やすいですし、脂肪が溶け出しやすくなります。

 

だから、キャビスパを使う最適な時間帯はお風呂上がりだと覚えておきましょう。

お腹周りはジグザグに動かし、その後円を描く

次に、お腹周りへの使い方ですが、普通に使っている人は何の気なしにキャビスパをお腹に当てていると思いますが、これもコツがあります。

 

ジグザグに動かす

 

それに、キャビスパには3つの機能が搭載されていますが、この順番も大事です。

 

ラジオ波(RF)→キャビテーション(SONIC)→EMS

 

この順番で当てるのがポイントです。

 

機能を使い分ける

 

キャビスパの本体を見ると、3つのボタンがあると思います。

 

まず、RF(ラジオ波)これを最初にお腹周り全体に当てるようにします。大体10分くらいです。

 

このラジオ波は、体の深部を温める効果があり、脂肪が溶けやすい環境を作るのに向いています。

 

そして、次にキャビテーション(SONIC)を使い、超音波で脂肪を溶かしていきます。

 

この順番が逆になってしまうと、キャビスパの効果も半減するので注意しましょう。

 

そして、脂肪が溶け出した後にEMSを使い、筋肉を刺激してあげると引き締まった体になりやすくなります。

 

また、キャビスパを当てるときには、お腹の左側からジグザグにするように上下に当てていくと良いです。

 

それが終わったら、今度がお腹全体に円を描くように動かしていきます。

 

円を描くように

 

これを毎日続けるのがキャビスパの正しい使い方です。

 

ちなみに、この使い方はヤーマンが公式動画としても公開しているので、詳しくはこちらのYouTubeも見てみてください。

 

専用のジェルを使うとさらに使いやすい!

キャビスパを使うときは、滑りをよくするためにジェルを使います。

 

ジェル(専用)

 

このジェルは、ボディスムージングジェルと言って、21種類の美容保湿成分と3種類の肌ひきしめ成分が入っていておすすめです。

 

ヤーマンの公式サイトから買うことが出来ます。

 

このジェルは、普段使いもできるので一石二鳥です\(^o^)/

 

私の場合は、キャビスパに直接つけて使っていますが、肌に載せて滑らせてもOK!

 

直接つけるのもOK

 

このジェルが振動を伝えやすくしてくれるので、より効果を実感したいならジェルを使ってみてください。

 

水で濡らすだけでもいいのですが、ジェルの方が効き目が良くなります。

お尻もお腹同様にジグザグ→内側から外側に当てる

また、お尻のシェイプアップに使う場合もお腹と同じようにジグザグさせて使います。

 

お尻も上下に

 

たるんだ肉を持ち上げるようにすると、ピンと上がったお尻の形が保てます。

 

ただ、お尻の場合は次に円を描くように当てるのではなく、内側のお肉を外側に向かって逃がすように当てていきます。

 

内から外へ

 

これを毎日合計10分すると、キュッとした可愛いおしりに仕上がりますよ♪

太もも・二の腕は下から上へ流すように当てる

太ももにキャビスパを当てる場合は、椅子などに足をのせて膝から付け根にかけて当てていきます。

 

太もも

 

これを両足で5分やってみてください。

 

次に、太ももの裏を下から上へ当てていくのが効果的です。

 

膝下から太ももの付け根へ

 

ふくらはぎも太ももと同じように下から上へ当てていくのがおすすめですよ♪

 

二の腕も肘から腕の付け根にかけて当てていきましょう!

 

二の腕への使い方

顔はギュッと当てずに優しく当てて!

最後に、フェイスモードの使い方です。

 

顔にキャビスパを当てるときは、ギュッと力を入れるのではなく優しく撫でるように当てるようにしましょう。

 

そして、顎のラインからこめかみに向けて滑らしていきます。

 

顔への使い方

 

こうすることで、ラジオ波とEMSで表情筋を刺激して、ほうれい線やたるみをやっつけていきます。

 

これは、片側5分間程度でOKです。

全身やるにはかなり大変だけど、正しく使えば効果はある!

いかがでしたでしょうか?

 

私は、このようにキャビスパを使いダイエットに成功しました。

 

なかなか全身をケアするとなると時間もかかるので大変かもしれませんが、根気よく続けていけばきっと成果を得られると思いますよ!

 

こうしてみると、エステティシャンの方がどれだけ大変かもよくわかりますね。。。(*_*)

 

自宅で手軽にできるキャビテーションですが、楽して綺麗で引き締まった体を手に入れるのは大変ですね(笑)

 

でも、運動系のダイエットをするよりは遥かに楽だと思いますよ♪

 

ぜひ、試してみてくださいね!

 

キャビスパの徹底レビューはこちら!

 

キャビスパ